何にこだわればいい!?不用品を賢く処分するために

不用品は何点溜まったら処分するべきか

不用品回収は定期的に処分するのが処分費用を抑えるコツです。例えば粗大ごみであれば、2~3点溜まったら処分するなどルールを決めておきましょう。もちろん不用品回収業者は1点からでも対応してくれますが、業者側としては出張費用や労力が発生するので、まとめて処分してほしいと考えていることが少なくありません。そのため1点よりも3点というように、処分点数が増えると割引してくれる不用品回収業者が数多くあります。

ただし粗大ごみを数多く部屋に溜め込むと、建物の老朽化を促進してしまいます。建物は重量の影響を受けるので、なるべく重たい不用品は溜めないようにしてください。築年数の古い住宅ほど床や壁、土台などが傷んでいます。重量に対する耐性が低下しているので、不用品はなるべくこまめに処分しましょう。

なるべく費用をかけずに処分する工夫を

不用品回収の費用を抑えるには、安く処分してくれる業者を押さえておくのが基本です。不用品の処分費用には定価は存在せず、不用品回収業者が独自に設定しています。重量あたりの料金設定をしている業者であれば、事前に処分費用の試算ができます。また処分点数が多くなるほど、割引適用してくれるという業者も少なくありません。依頼する業者は基本的に近場から選んでいくのがおすすめです。出張距離が長くなれば業者側が負担するコストが大きくなるので、結果的に処分費用に上乗せされるケースがあります。一般的には住んでいる市区町村で営業している業者を呼ぶのが基本です。

不用品回収の千葉市の業者の中には、ゴミ屋敷の片付けや遺品整理、引っ越しなどのサービスを提供しているものもあります。